大阪府池田市の耳鼻咽喉科 松本耳鼻咽喉科
ホーム > 診療のご案内

診療のご案内

花粉症・アレルギー性鼻炎をはじめ、中耳炎、副鼻腔炎、咽頭喉頭炎などの炎症性疾患や、難聴、めまい、味覚・嗅覚障害などの機能障害、睡眠時無呼吸症候群など、耳鼻咽喉科疾患全般の検査、治療を行っています。また、頭頚部腫瘍疾患の早期発見にも努めています。

内視鏡検査で耳、鼻、のどの様子をできる限りご覧いただきながら、ご理解ができるよう説明いたします。内視鏡などの検査や、耳や鼻の処置治療にあたっては、痛みや不安がないよう丁寧に行いますのでご安心ください。

状態によっては隣接する市立池田病院でCTやMRI等の検査をしていただき、より的確な診断、治療ができるよう努めています。病院や他の診療科と連携し、手術や入院治療が必要な場合には、ご相談の上、市立池田病院をはじめ大学病院、専門施設をご紹介いたします。


診療内容

耳鼻咽喉科一般

 耳垢栓塞、外耳炎、中耳炎
 アレルギー性鼻炎、花粉症、鼻前庭炎、副鼻腔炎
 かぜ症候群、扁桃炎、咽頭炎、喉頭炎、口内炎
 めまい、難聴、耳鳴り、味覚・嗅覚障害、首のはれ、など

みみ、はな、のどでお困りなことは何でもご相談ください。
当院では以下の治療や相談にも取り組んでいます。

■ 舌下免疫療法(スギ、ダニ)

スギ花粉症・ダニアレルギー性鼻炎でお困りの方へ

ダニやスギ花粉の成分で作った薬を毎日少量服用することで、原因物質に体を慣らしてアレルギー反応そのものを弱くする治療法です。
治療は長期間(3年〜5年推奨)かかります。全ての人に効果があるわけではありませんが、スギ花粉症の場合は治療を開始した次の年の花粉シーズンに、ダニでは治療開始数カ月後に治療効果が現れます。治療を開始できる期間はスギの場合は6月から12月、ダニの場合はスギ花粉症を合併していなければ基本的にいつからでも開始できます。治療を開始する前には適応を決める検査があります。

■ 睡眠時無呼吸症候群

いびき、無呼吸が気になる方へ

いびきや無呼吸はその程度によって、睡眠中の呼吸が十分にできていない場合があります。
朝起きても熟睡感がない、昼間の眠気が強いなどの症状や、高血圧、心脳血管障害などの原因にもなります。簡易式無呼吸検査装置を自宅で2日間使用していただき、睡眠時の呼吸状態を検査します。重症度が高い場合はCPAP治療の適応になります。中等症でも昼間の眠気が強い、高血圧や心臓病のある方はより詳しい検査のため病院へ紹介することがあります。

■ 補聴器相談

難聴でお困りの方へ

年齢とともに聴力は徐々に低下します。
最近、聞き返しが多くなった、そのため人と会話することもおっくうになった、テレビや電話、チャイムの音が聞こえにくいなど、日常生活で困る場面が増えてきます。難聴は自覚することもあれば周りから指摘されて気づくこともあります。鼓膜や外耳道の状態を診察し、聴力に関する検査を行って難聴の原因やその程度を診断します。単純に耳垢がたまっていたり、治療可能な中耳炎があれば聴力が改善される場合がありますが、聴力の改善が望めなく日常生活に不自由を感じておられる場合には補聴器をお勧めします。補聴器を適切に使用していただけるよう、紹介状(補聴器適合に関する診療情報提供書)を作成し、認定補聴器専門店へ紹介いたします。可能であればご家族の方も一緒にお越しください。



松本耳鼻咽喉科
〒563-0025 大阪府池田市城南3-1-15 ザ・ライオンズ池田T棟101-3
072-754-4187